Pray For Iran
Language:    عربي     English     Español     فارسی     Français     日本語     한국어     Portugues     Русский     Svenska
第30日

2006年6月23日

 聖書では、私たちの神は貧しい者、やもめ、孤児、そして抑圧された者の弁護者である事がわかります(詩篇68)。イランでは、そのような人々が決して少なくありません。

 石油から得る羨ましいほどの富ならびに他の国家的財宝があるにもかかわらず、今日のイラン人は未だに貧困の問題と戦っています。経済的不始末、汚職、そして何十年にも及ぶ禁輸が多くの人々をして続いて生活の必要を満たすために苦労しています。2002年、人口の40%近くが貧困ラインの下で生活していています。約7.3%の人々が日に$2以下で生活しています。イランの貧しい人々の大半は、小さな町や村に住んでいて、ある所では電気やきれいな飲料水のような生活必需品がありません。

 皮肉にも、1979年のイスラム革命を開始し、それを保持してくるのを助けたのは、貧しい人々でした。実際、革命の主要なモットーの一つは、富の再分配でした。イスラム聖職者は、人々に金持ちの手から国家資産を取り上げ、貧しい者と抑圧された者に分配することを約束しました。けれども、約30年が過ぎようとしていますが、未だに貧しい者と抑圧された者は同じ状況にいることを見い出しています。

 8年に渡るイラン・イラク戦争は、この事をさらに悪化させました。イランでは家族のメンバーを失わなかった家族はほとんど皆無で戦争の結果、多くの若い婦人と子ども達がやもめや孤児となりました。このことは、多くの家族が生計の柱を失い、苦しんで来たことを意味しています。イランの様々な慈善団体がこのような人々を助けているのですが、その助けは、しばしば十分ではありません。

 今日のイラン社会で特に弱い人々は、囚人の家族です。社会的汚名に加えて、多くの家族はまた、経済的影響とも戦っています。彼らの愛する者が一度、釈放されると彼らもまた、続いて苦しみます。刑務所歴のある人が仕事を見つける事は、普通、大変難しいことです。

 このことに留意して、イランの弱者を御前に覚えて祈りましょう。

  •  弱い方々が彼らの唯一の真の弁護者としてまことの神を知るように。彼らの多くが貧困を引き起こしている擁護者の主張によって低くされ、イエス様の主張を熟考するように。
  • 特に愛する者が刑務所にいる家族のために。また、死刑になった者がいる家族のために。彼らは、ほとんどすべての人々から避けらられていますが、実にこのような人々のためにイエス様は来られました。
  • 絶望的になり、金を得るために売春に走っている方々のために(イランには推定、30万人の売春婦がいる)。彼らが主を備え主として知るように。
  • 抑圧された人々の苦しみを緩和するために働いている慈善団体や援助団体のために。特にクリスチャン団体のために。イエス様の愛をこの方法で非常に実際的に表していけるように。

 イランのために祈りを共にして下さり、感謝いたします。

ご質問?

この「イランのための祈り」ウエブサイトで何かご質問あるいは、問題があれば、いつでもご連絡ください。

一般的なご質問は、support@prayforiran.org へ、 技術的な問題は、site@prayforiran.org へどうぞ。

| | Login