Pray For Iran
Language:    عربي     English     Español     فارسی     Français     日本語     한국어     Portugues     Русский     Svenska
第2日

2006年5月26日

 きょう、私たちはイラン教会に祈りを集中します。イラン教会は小さいですが、急速に成長しています。イラン人のクリスチャンは何人いるか、に答えるのは困難です。なぜなら、多くの教会は地下教会だからです。しかしながら、1979年の革命以後、その前のイスラムがイランに来てからの1300年より、多くのイラン人がクリスチャンになっていることは明らかです。

 1979年以降、教会は多くの迫害に直面してきています。イスラム政府が福音的キリスト教に敵対している多くの反対にもかかわらず、教会成長は起きています。プロテスタントクリスチャンへの脅迫が絶えず続いています。多くの方が投獄され、少なくとも8人の主要な教会指導者が信仰ゆえに殉教しました。過去2年間に渡って信者への脅迫と制限が増大してきています。

 これらのことを留意し、共に迫害下にあるイラン教会のために祈りましょう。

  • すべてのクリスチャンが次のような知識の中で生きていけるように。「神が私たちに与えてくださったものは、おくびょうの霊でなく、力と愛と慎みとの霊です。」彼らが艱難の中でさえ、大胆に福音のメッセージを伝えていけるように。
  •  「地上」(革命前に立てられた教会)教会の指導者たちのために。彼らは監視下にあり、しばしば、彼らの活動について質問されます。彼らがイスラム当局に話す時に主が知恵を与えて下さるように。増加している地下教会(家の教会)の指導者たちのために。彼らが群れを守るために洞察力が与えられるように。そして脅迫なしに集会ができるように。
  • 国中のすべての新しい信者のために。悩まされるように狙われているが、彼らが守られ、恐れに勝利していけるように。神の平安を体験し、主を喜ぶことは力であると経験していけるように。
  • 信仰のゆえに投獄中の指導者とその家族のために。2004年9月以来、投獄中のハミード・ポールマンド牧師のために。彼の妻と二人の子供のために。また、アリー・カボリ(51歳)のために。2006年5月2日に拘置所に連行。一回の簡単な電話以外、いかなる訪問者とも面会謝絶。主が彼の妻と小さな子供たちと共にいるように。

 

 お祈りに感謝します。

 

注:きょうのスライドショーで歌われている歌は、1994年に殉教したハイク・ホブセピアン・メール監督によるもので、その歌詞の翻訳は以下の通りです。

 おー主よ、あなたの教会のゆえにあなたを賛美します。

 教会は選ばれた種族、王なる祭司。

 コーラス:

  イエス様、私たちの救い主、主よ

 全能のお方、神の御子。

 教会は困難と迫害の時にあなたの力を受けます。

 あなたの哀れみは聖霊の慰めを通して教会に満ち溢れます。

 私たちは知っています。あなたの臨在はいつもどこでも私たちと共にあります。

 あなたは約束して下さいました。敵の攻撃から守ってくださると。

 あなたは教会のかしらです。あなたは私たちの望みです。

 私たちの生活で困難な時や危険な時の中でも。

ご質問?

この「イランのための祈り」ウエブサイトで何かご質問あるいは、問題があれば、いつでもご連絡ください。

一般的なご質問は、support@prayforiran.org へ、 技術的な問題は、site@prayforiran.org へどうぞ。

| | Login